長寿祝いは一般的には還暦から祝い始めます。
還暦は満年齢60歳から、それ以降は数え年で祝うのがしきたりです。
家族や親戚、親しい友人が集まり祝宴を開いて記念の贈り物をしたり、本人が内祝いを贈ったりします。

金銀または紅白蝶結びの熨斗紙をかけ、表書きには「祝還暦」「寿」「御祝」などと書きます。

<贈ると良いとされている色>
還暦・・・赤色
古希/喜寿・・・紫色
傘寿/米寿・・・金茶色
卒寿/白寿・・・白色

長寿祝いは一般的には還暦から祝い始めます。
還暦は満年齢60歳から、それ以降は数え年で祝うのがしきたりです。
家族や親戚、親しい友人が集まり祝宴を開いて記念の贈り物をしたり、本人が内祝いを贈ったりします。

お返しは一般的には不要ですが、長寿の喜びを分ける気持ちで記念品などを贈るのが好ましいです。

紅白蝶結びの熨斗紙をかけ、表書きには「内祝い」、「○○記念」などと書きます。